9月2日『こども救急救命教室』が開催されました

報告者:家庭防災部

9月に入り稲穂も黄金色に変わりはじめる季節、のはずですが、まだまだ暑い日が続きますね

そんななか、師岡町会館には小さなお友達と保護者の方が『こども救急救命教室』にお集まりくださいました

教室では港北消防署員の指導のもと、心肺蘇生法、AEDの使い方などを実際に体験します

 

 

 

 

 

 

 

 

心肺蘇生法やAEDの体験

港北消防署の方がお持ちいただいた心肺蘇生法の説明に使用する人形に
興味津々のお友達も!

練習用の人形には乳児(1歳未満)のタイプもあるんです

 

保護者が心肺蘇生を体験しているあいだ、家庭防災員が子供をお預かりして見守ります

 

 

 

 

 

意識無し・呼吸無しの乳児に対する心肺蘇生法のポイント

胸骨圧迫は片手の指2本
(左右の乳頭を結ぶ線の真ん中から指一本分下の辺り)
強く(胸の厚さの約3分の1沈むくらいが目安)
早く(1分間に100から120回のテンポで30回連続)

次に、人工呼吸はまず気道を確保し空気の通り道が出来たら
自分の口で乳児の鼻と口の両方を同時に覆うようにして息を吹き込みます

 

 

 

AEDは乳児にも使用できます
成人と違い、AED電極パッドの貼り方は胸側と背中側に貼ります

 

 

 

 

 

質問いろいろ

心肺蘇生法の体験にに続き、日常に起こりうるこどもの誤飲や火傷、けいれん等への対処について保護者の方から次々に質問がありました

 

写真は、誤飲の際の吐き出させ方についてです

背中を手のひらでたたく方法と、後ろから両手を回しておなかを圧迫する方法(乳児は除く)について人形を使い分かりやすく説明してくれます

乳児の場合は首がすわっていないため、顎を写真のように保持して背中をたたく方法があるとのこと

 

 

この教室を共催する 師岡ひまわり師岡社会福祉協議会)の皆様により、来てくれた小さなお友達のために可愛いお菓子をご用意しました

 

ご協力いただきました港北消防署の皆様ありがとうございました

港北消防署のお二人がお帰りになるとき、こどもたちが手をふってお見送りしてくれる様子がものすごくほほえましかったです

おまけ

幅広い急病やケガへの応急手当に関する情報配信やイベントについて、行政が実施しているものもいくつかあるようなので、ちょっと覗いてみるのも良いですね
(以下の情報は2019/9/3時点のものです)

  • 9月7日(土)横浜市民防災センター 救急消防フェア開催予定
  • 横浜市救急受診ガイド (サイト上で該当する症状を選択すると、緊急度や受診の必要性を判断できます)
  • 港北区による「こどもの救急医療講座」(2019/8/29実施済)

港北消防団の夏季訓練会が開催されました

8月4日(日)、港北消防団夏季訓練会が新羽車両基地にて開催され

家庭防災部で応援に行ってまいりました。

開会式

8月に入り、猛暑日が続く夏の真っただ中、

港北区の消防団の皆さんが一同に集まり、

日ごろの訓練の一端を披露してくれます。

 

青い空に赤い消防車の整列が映えますね。

 

 

 

 

 

小型ポンプ操法競技 (AM 10:20-11:15)

開会式の後、7つの分団による「小型ポンプ操法」の競技が行われます。

こちらは出場する第三分団の皆さん!

観覧席からは各分団への応援の声が聞こえました!

「がんばれ~ !(^^)! 」

 

 

 

 

 

 

消化ホースを伸ばし、構えて、的を目掛けて放水開始!(すごい水圧を抱えてるんですね)

構えて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第八分団による訓練礼式 (11:15-11:25)

女性のみで構成されるのが第八分団です。

結成から今年で21年目。35名の皆さんが所属されています。

火災や救急などの消防活動にむけ、日ごろから訓練を行っています。

 

分団長の指揮で号令がかかります。

「なおれ、せいれ~つ、やすめ、

右向け右、行進はじめ!」

 

皆さんの雄姿に、観客席からは拍手が贈られました。

 

 

 

 

資機材取り扱い訓練(11:25~)

消防活動を助けるため、さまざまな資材機材があります。

油圧切断機、エンジンカッター、チェーンソー、携帯発電投光機

消防団員はいざというときに状況に応じて使いこなさなければなりません。

これらも日ごろから訓練を共にする「相棒」なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一斉放水

訓練の最後は、一斉放水です

まず、筒先員となる団員は、観覧席の前で防火装備の着装を披露(早着替え!)

この防火服は新型なんだそうです。

消防団の皆さんの命をさらにしっかり守るよう改良されています。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

第八分団の皆さんによる「ウォーターカーテンホース」という

特殊ホースによる放水です。

水が扇形に噴射され、密度の高い水幕(ウォーターカーテン)が

形成されるようになっています。

 

 

 

 

 

ラスト、右から左から、夏の空へ

消防団の皆さん一致団結の、一斉放水!

 

災害は暑さも寒さも選んではくれません。

消防団の皆さんが港北区民の為に日々訓練に励んでいただいていること、

感謝の気持ちでいっぱいになりました。

お疲れ様でした。

 

おまけ

小型ポンプ操法の訓練の最後に

ホースだけではなく、木の棒を構えていました。

なんだか江戸の町火消しみたいだと思い

団員の方に「あれなんですか?」とお尋ねしたところ、

とびぐち」といいます、と教えてもらいました。

木造などの延焼や消火活動の障害物を壊す役割がある道具、

江戸時代から変わらず続いているものもあるんですね。