チューリップの芽が顔をのぞかせました(打越第二公園)

打越第二公園(いっとき避難場所)に去年の11月に子供たちが植えたチューリップの球根。
この冬は大雪が降り、氷点下の寒い朝が続き、花壇には霜柱が立ちました。

私が子供のころ霜柱を見るとザクザクという音が面白くて踏みつぶして遊びました。きっと楽しかったんでしょうね。霜柱を踏んだ足跡が花壇についていたりしましたが憎めません。だって楽しいもの。

しかし子供たちと植えたチューリップの球根は大丈夫かと少しだけ心配しました。でもよく見ると土の中から小さな芽が顔をのぞかせています。チューリップは健在でした!まだまだ寒いですが春は来ているんですね。
         
 DSC_0599.JPG

時々打越第二公園を訪れてこのチューリップ達の成長を見守ってくださいね。
満開になるころ、チューリップ祭り行う予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です